NEWS

NEWS

自然と触れ合うべき理由

1

こんにちは。渡辺です!

先月に初めて高尾山に登山しに行きました!ずっと前から行きたかったのですが、コロナの影響で遠出や外出もあまり出来ずで、、、。最近は東京も感染者が増加傾向にあるので、自分自身も気をつけながら予防を徹底しようと思う次第です。

小さい頃から、外で遊びまくっていた自分は自然が割と好きです。成人してからはあまり機会もありませんでしたが、海や川などはよく行っています。

山頂で蕎麦にがっつく、、、。美味しかった

なので、自然が持つ効果をお伝えしていけたら良いなと思います。

人間はみんな自然に属して生活しています。普段自然の多い場所に行かない人でも海、森林、滝などに行くと気持ち良く感じられると思います。

自然の力は強力で、目の保養以上に効果が多くあります!

①臓器の健康に繋がる

草木が消失したエリアに居住していると心臓病や呼吸器疾患での死亡率が高まると言われています。

②ストレスホルモンを低下させる

緑が多い場所にいる人はストレスホルモンであるコルチゾールの量が少なく、自然の中で暮らす人は都心部での生活をしている人に比べてストレスの値が低い傾向にあるそうです。

③セラピー効果

自然の中を歩く事で、フラストレーションが低下して物事に没頭でき、頭が冴える。集中力や肯定感を高める事ができます。

④睡眠の質が改善

森林の中を2時間ウォーキングすると睡眠特性を改善させる効果が期待できます。

⑤病気と闘う細胞を増加させる

自然を散策することで、NK細胞という疾患と戦う細胞が増加します。集団がハイキングに血液検査をした結果NK細胞が40%増加した事が判明し、1ヶ月後もNK細胞は、歩き始めた頃と比較して15%増をキープしていたそうです。

自然と触れ合う事でこれだけ多くの効果があります。普段は都内で過ごす時間が多いかと思いますが、週末は海や山に行って気分をリフレッシュしてみるのも如何でしょうか^ ^