NEWS

NEWS

カラダをハックせよ!

1

こんにちは!ナリタです。

コナツ先生から勉強になることは多々あります。

今コナツ先生は最強ボディに仕上がってます。

ふわふわした冬毛からさらっとした夏毛に生え替わり、フードは自由が丘の方々からオススメ頂いたGeorgeのドックフードにグレードアップ。

また連日のドッグランで遊んでいるので、今コナツ先生のカラダは筋肉質になり、ボディラインはシャープ、

僕的には少しコロっとしたカラダが好きなのですが、今彼女は遊ぶためのボディラインに仕上がりおり、大型犬もこんな感じでたじたじ。

https://vimeo.com/441168912

体力も凄まじく「あら、あの柴ちゃん元気ねー」なんて見ていた方も、

あまりにみんなが疲れても、1人で走っているものだから(….この子大丈夫かしら)って引かれているぐらいです。

ただそれ以外はほとんどこんな状態です

ただそんな毎日だから、彼女のメンタルは非常に安定していて、人見知りと言われている柴犬ですが、コナツは誰にでも寄っていきます。

無駄に吠えることも噛むこともないです。(ただ仲良くなると甘噛みしてきます)

コナツ先生は全力で遊んで、ほぼ寝て、常にオープンマインド。僕もそーゆう状態でありたいです。コナツ先生。

常な最大にパフォーマンスを発揮できるような状態でありたい。

カラダをハックせよ。

僕にとっては仕事ですが、カラダがいい状態じゃないといい判断が出せないので、いい結果は出せないなと思ってます。

では僕にとってのカラダハックをご紹介します。

•時間帯

ブログは朝散歩して頭がスッキリしてから書いてます。もし夜であったらもう少し文字の量は落ちているはず。

また疲れて思考力が落ちている時は、感情的な文章になっている事が多いのです。

夜書いても、朝見ると全然ダメなんて事もあります。

また日光によるセロトニン。

日光を浴びると、私たちの脳内では「セロトニン」という神経伝達物質が分泌されます。 セロトニンは、精神の安定や安心感や平常心、頭の回転をよくして直観力を上げるなど、脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。

このセロトニンは運動によってもバンバン分泌します。

こんな感じで何か判断する時は、頭がスッキリしている朝の方がいいのです。

•運動中、運動後

運動自体のパフォーマンスではなく、運動後によってなんらかのパフォーマンスを上げるというなら、全力を出しすぎず、

軽めの運動をするというのがポイントです。

例えば大事なプレゼン、彼女とのデートなどこういった時には事前に軽めの運動をする事をオススメします。

運動による適度なストレス状態になるとアドレナリンが分泌され、脳を覚醒して集中力を上げます。

この適度な負荷、ストレスがパフォーマンス上げる上で重要なポイントとなるのです。

食事

僕は血糖値を気にしています。

低血糖の状態ではふらふらし、集中力がなくなり仕事どころではありません。

また炭水化物だけの食事は急激な血糖値スパイクによって眠気を引き起こします

前に釜玉うどんを大盛り食べて、その後の運転が危なかった記憶があります。

つまり血糖値が低すぎても、高過ぎてもダメで、少し小腹が空いたと感じるレベルの状態が最もパフォーマンスが高い状態です。

なのでご飯を食べる前にアウトプットしてしまいます。

あるいは食べる時もなんらかの野菜を口に入れて、血糖値を急激に上げないようにしています。

炭水化物単体の後は仕事にならない程です。

これは筋肉量が多い人程、血糖値とパフォーマンスは比例します。

こんな感じで僕の一部の参考例ですが、自分がどんな状態がパフォーマンスを出せるかわかってくるといい結果を出せるんじゃないかなと思います。