NEWS

NEWS

免疫力を高める食事法

1

みなさん、こんばんは

熊谷です。

これから冬にかけて、体調を崩しやすい季節になっていきますので、今日は免疫力を上げる食事法を紹介していきます。

単刀直入にやるべきことをお伝えします。

それは腸内環境を整えることです。

腸内には体の免疫の70%が集まっています。

つまり、腸内の環境が悪くなると免疫力もだだ下がり、風邪ひきまくり、、、泣

なんてことになるのは、誰もが嫌だと思いますので

以下の3つのポイントを意識して食事をしてみましょう!

①プレバイオティクスを摂る

→食物繊維とオリゴ糖が代表的なものです。

どちらも腸内で良い働きをする善玉菌の餌になります。

食物繊維は不溶性と水溶性の大きく2つに分けられます。善玉菌を増やしたい場合は特に水溶性食物繊維を意識してみましょう。便秘の解消にも効果があります。海藻類やきのこ、大麦に豊富に豊富に含まれています。

オリゴ糖は人体では消化吸収されにくいですが、善玉菌(主にビフィズス菌)には栄養源となります。大豆や玉ねぎ、バナナなどに多く含まれています。

②プロバイオティクスを摂る

→乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌などの体内で良い働きをする菌や微生物のことです。

生きたまま腸内にたどり着くのがベストですが、死んだ菌でも腸内を整える効果があると言われています。

また、人によって菌との相性があるので自分に合った菌を摂ることも大切です。いろんな菌を試してみましょう。

納豆や味噌、漬物などの発酵食品に多く含まれています。

③腸に良くないものを控える

→精製糖質、加工食品、良くない油(オメガ6系油、トランス脂肪酸)、小麦(グルテン)、牛乳(カゼイン)

これらの食品は腸や血管に炎症を起こす可能性があります。また、消化吸収に負担もかかりますのでな、るべく控えたい食品です。

上記の3つのポイントを意識して食事すると、だんだんと腸内環境が整ってくるのが実感できると思います。

また、腸内環境が整うと肌荒れが少なくなったり、疲れにくくなったり、体の様々なところが変化してきます。

ぜひ腸内環境を整えてウイルスや病気に負けない健康体を目指しましょう!!

ちなみに僕のおすすめは食物繊維たっぷりの大麦ご飯とプロバイオティクスが豊富な納豆とキムチの組み合わせです^_^

美味しいし体に良いし最高です!

これからの季節は野菜たっぷりの鍋も最高ですね!!

ということで、今日は免疫力を上げる食事法の紹介でした^_^

最後までお読みいただきありがとうございました。

おまけ

☆熊谷の小話

『酒は飲んでも飲まれるな』

先日、帰宅途中に目の前で通行人のおばあちゃんが転倒しました!!

びっくりして駆け寄ってみると、かなり酔っ払ってるご様子。

話を聞くと一人暮らしで家はすぐ近くということなので送ることにしました。

念のため住所を聞き、調べると

1km先、、、泣

「え、話が違いますやん!!」と思いつつも、

「男に二言は無い」そう心に言い聞かせ、おばあちゃんに手を貸し立ち上がらせました。

順調に家へと歩みを進めるおばあちゃんと僕。

と思いきや、またまた問題が!!

おばあちゃんがフラフラで全然歩けない、、、笑

「これはおんぶして歩いた方が早い」

そう考えた熊谷は1km近くおばあちゃんをおんぶして、家まで送り届けました。

普段からトレーニングしてるとはいえ、仕事帰りにはハード過ぎる泣

帰り道は僕がフラフラで倒れそうでした笑

何はともあれ日々のトレーニングが役に立ったので

めでたし、めでたし(ToT)

お酒ともソーシャルディスタンス

程よい距離感が大切ですね笑

みなさんも

「酒は飲んでも飲まれない」ように

お気をつけて^_^

それでは